外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

未婚・日本人の子・定住者ビザ

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

日本に残って子育てをしたい

【ご相談内容】

私は中国人の女性です。留学生として日本に来て、卒業後に日本の会社に就職しました。就職先の会社の社長と付き合うようになり、子供ができました。でも、社長は結婚をしていたので、私とは結婚できないまま私は子供を産みました。出産してから2年ぐらいは上手くいっていたのですが、その後いろいろあって別れることになりました。ただ、会社に残るのも気まずいので辞めることにしました。子供が保育園に通っているので、このまま次の仕事が見つからないまま、次の仕事が見つからなければ中国に帰らなければならないのか不安です。今まだ就労ビザが3ヶ月ぐらい残っています。あと、彼は子供のことを真剣に考えてくれていて、養育費も払ってくれると言っています。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。今回のご相談は「日本に残って子育てをしたい」というのがが最終目標かとお見受けします。
まず、お子様についてですが、日本国籍の有無が大きなポイントになります。日本国籍を既に持っている場合には「定住者ビザ」への変更が認められる可能性があります。
日本国籍を持っているかどうかは、子供が父親から認知を受けているかによって違ってきます。この認知も出生前の認知か出生後の認知かによって違ってきます。出生前の認知(胎児認知)の場合には、生まれた時点で日本国籍を持っていることになります。しかし、生まれてから認知を受けた場合には、「国籍取得の届出」をしなければ日本国籍は取得できないことになります。
現状では、ご子息様の日本国籍の有無がわかりかねることから、今後の方向性について明確にご提案を差し上げられません。もし ご子息様に日本国籍がない場合には、日本国籍の取得の届出から含めて、今後の日本で子育てのためのビザ取得まで含めてお手伝いをさせていただきます。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。