外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

フィリピン・偽造パスポート・ビザ欲しい

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

偽造パスポートで入国した婚約者をなんとかしたい

【ご相談内容】

私は日本人男性で、お店で知り合ったフィリピン人女性と結婚したいと思っています。でも、話を聞いたら、彼女は本当の名前ではなく、お姉さんの名前のパスポートで日本に入国したとのことでした。お姉さんはフィリピンにいて、結婚をしています。素人的に考えても、お姉さんの名前のままでは結婚できない気がしています。今後、どうすればいいのでしょうか?お姉さんの名前としてはビザを持っていますが、彼女の名前ではないので、これが入管にバレた場合にどうなるかもわからず、不安でいます。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。
おっしゃるように、お姉さんの名前のままでは結婚をすることはできません。そもそも、他人名義のパスポートを使用していることから、不法入国ということになります。この事実を入国管理局に知られた場合には、逮捕される可能性が高いです。
そのため、まずはご自身の名前のパスポートを取得し、その新しいパスポートに基づいて結婚に必要な書類を取得し、結婚手続きを行います。その後、入国管理局に「他人名義のパスポートで入国した」ということを申告する「出頭申告」を行うことになります。結婚手続きを終えて、法律上のご夫婦になっていれば、特別にビザがもらえる可能性が出てきます。
お姉さん名義のパスポートで来日した経緯やご結婚に至る経緯など、具体的な状況をお聞きしないことには、ビザ取得のサポートができるかがわかりかねるため、もしよろしければ一度面談のご予約をお取りください。

※ご依頼をいただき、最終的には日本人の配偶者等(結婚ビザ)で1年を取得することができました。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。