読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

Expired passport・overstay

ビザ取得事例 国際結婚 結婚ビザ オーバーステイ 出頭申告 在留特別許可 永住 フィリピン

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

期限切れパスポートの更新・国際結婚の成立・出頭申告・在留特別許可の取得

【ご相談内容】

私は永住ビザを持っているフィリピン人の40代の女性です。日本人の高校生の娘がいます。フィリピン人の男性と再婚しようと思っています。ただ、この人はオーバーステイです。パスポートは有効期限が切れたものしかありません。フィリピン人の友達に聞いても、きちんと専門の人にやってもらった方がいいと言われました。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

有効なパスポートがないと「自分がどこの誰であるのか」を証明することすらできないため、結婚手続きをするにしても難しいことになります。また、オーバーステイであることを入管に申告する出頭申告についても、可能な限り有効なパスポートが必要となります。そこで、まずはパスポートを整えることになります。また、永住ビザをお持ちのご相談者様についてもフィリピン本国で離婚が成立しており、再婚できる状態である必要があります。
このケースでは、まずパスポートを更新するために本国から出生証明などを取り寄せ、大使館で新しいパスポートを作ってもらいました。その後、日本の市区町村役場にて結婚を成立させ、大使館に結婚を報告することで本国でも法律上の夫婦となります。最後に、夫婦となってから入管に出頭申告をしました。結果的には出頭申告から6か月後に結婚ビザ(永住者の配偶者)を取得することができました。

在留特別許可が認められるかどうかについては、法務省入国管理局よりガイドラインが示されております。就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。詳しいことは外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。