読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

韓国人貿易事務担当者の就労ビザ

【申請者の国籍】

韓国

【相談者の居住地】

韓国(一時滞在で名古屋)

【ご要望】

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の取得

【ご相談内容】

私は日本の大学に留学をしていました。大学卒業後に日本で就職活動をしたけど内定をもらえずに韓国に帰国しました。でも、大学時代の友達の紹介で、名古屋市内の貿易会社で働けることになりました。ただ、就労ビザ申請は会社も協力するけど基本的には自分でやってほしいと言われました。今は就職前の準備や打ち合わせなどのために日本に来ています。今回の来日時にビザ申請の手続きをして帰国し、就労ビザが取れ次第に再来日して働きたいと思っています。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

就職活動を継続したいものの、大学を卒業してしまえば留学ビザが切れてしまうため、そのまま帰国を断念せざるを得ないというケースは決して少なくありません。こういったケースの場合に就職活動を継続する方法もございますので、そういった要望のある場合にはご相談ください。
詳しい担当業務については貿易会社での韓国語を使った貿易事務とのことで、「技術・人文知識・国際業務」という就労ビザの範囲で行うことができる業務となります。また、どういった雇用条件で勤務するのかといった雇用契約書の写し、どういった業務を行っている会社を説明する書類を整えて入管に就労ビザ申請を行いました。
なお、このケースのように、申請者(就労ビザを必要とする外国人本人)が来日してビザ申請手続きの依頼人となることもできますが、就労先となる会社が代理で依頼人となることもできます。

外国人のビザは名古屋市昭和区の外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。