読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

老齢の母の家族滞在ビザだけ不許可

【申請者の国籍】

韓国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

老齢の母を呼び寄せて家族で日本で暮らしたい

【ご相談内容】

私は就労系のビザで在留資格1年を取得して来日した韓国人男性です。妻と子供と母親、合計4人家族であり、家族そろって日本に来ることにしました。しかし、年老いた母の家族滞在ビザだけが不許可になりました。そのまま韓国に残しておくわけにもいかないため、78歳の母だけビザなし(日韓間は滞在90日までビザ免除)で来日した。しかし、このままでは在留期限の90日毎に出入国を繰り返さなければならず、これを3年間も続けることは事実上不可能です。母は私たち家族以外に身寄りはなく、私たち以外に身の回りの世話をする人はいません。どうにかして日本で一緒に暮らせるようにできませんでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

「家族滞在ビザ」の許可基準は実務上は「扶養を受けている配偶者または子」として運用されており、これに適合しない場合には「家族滞在ビザ」ではなく「特定活動ビザ」を申請することになります。
この事例では、まずご自身で申請され、不許可になった際の申請書の内容を詳しく分析することから開始しました。ご高齢のお母様がどういった健康状態であるのか、また身の回りの世話のできる親族の状況などを詳しくお伺いしました。結果的には特定活動ビザで1年を取得し、無事にご家族4人で日本で生活できるようになりました。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。