外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

永住申請後に別居が発覚

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

なんとか日本に残りたい

【ご相談内容】

私は留学生として来日した中国人女性です。留学ビザで4年の後に日本人男性と結婚して結婚ビザを今は持っています。「日本人の配偶者等」で1年ビザを2回もらって3回目の更新のときに3年ビザをもらいました。その直後に永住申請をしました。しかし、入管の調査が入りました。その時点で、私は夫との関係が冷え切っていて同居をしていないことが発覚してしまいました。現在は別の日本人男性と結婚を前提に同居しています。中国人の友達に相談をしたところ、今の結婚ビザも取り消されて強制送還になりかねないと言われました。どうすればいいのでしょうか?何か良い方法はないのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

ご相談いただきありがとうございます。以前に当事務所にて承った同様の事例で、全ての事情の入国管理局に説明した上で、結婚ビザから定住者ビザへのビザ変更を行ったことがあります。ご相談者様の場合、結婚の実態がないにも関わらず結婚ビザの申請をしたということで、退去強制処分となる可能性もあります。どういった手続きを行うかはご相談者様の意向によりますが、最善の結果を得られるようにサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

なお、この案件では、定住者ビザとして在留期間1年を取得することができました。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。