外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

居住実態2か月の家族滞在ビザ更新

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

息子の家族滞在ビザを更新したい

【ご相談内容】

私は中国人で日本の会社でエンジニアとして働いています。ビザは「技術・人文知識・国際業務」で5年をもらっています。日本には私と妻がいて、母国に残してきた息子を家族滞在ビザで昨年日本に呼び寄せました。その際に1年ビザをもらいました。しかし、来日直後に事情があって中国に帰ってしまい、ビザをもらった1年間のうち10か月間を中国で過ごしてしまいました。ビザが切れる直前にビザ更新のために再来日しましたが、ビザの手続きをしてくれている会社の法務部から「日本に居住実態がないためビザ更新は難しい」と言われました。私は家族滞在ビザは日本と中国を自由に往来できるフリーパスのようなビザだと思っていました。どうしても日本に残らせたいのですが、なんとかなりませんか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

家族滞在ビザは残念ながら「日本に住むためのビザ」になりますので、「自由に往来するためのビザ」ではありません。そのため、入国管理局の担当審査官から「日本に住むつもりがない」と判断されれば許可は得られません。
この点、この事例の場合、1年ビザをもらっておきながら、そのうち10か月も日本にいなかったとなると、「日本に住むつもりがない」と判断されてしまうことと思います。
しかし、この事例においては、相談者様から詳細な事情をお伺いしたことで、結果的には家族滞在ビザで5年の許可を得ることができました。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。