外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

国际婚姻・结婚签证的收购

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

国際結婚の手続きサポートと結婚ビザの取得

【ご相談内容】

私は日本人男性で婚約者は中国人です。彼女は留学生として来日し、その後は就労ビザに切り替えて会社員をしていました。しかし、家族の事情で昨年帰国し、その後は遠距離恋愛をしてきました。付き合って3年になり、先日プロポーズをして結婚することになりました。ただ、日本人同士の結婚ではないため、手順が全くわかりません。一番スムーズな方法で手続きを進めたいです。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

中国人との結婚の場合、日本にある大使館では婚姻届を受理されないため、相談者様ご自身が中国に行く必要があります。日本側の結婚手続きよりも先に中国側の結婚手続きを行った方がスムーズになるため、特に日本で先に結婚手続きを行わなければならない理由がない場合には先に中国で結婚し、その後に日本の市区町村役場で届出を行うことをお勧めしております。
日本人が中国に赴いて結婚手続きを行うため、その日本人が結婚をするにあたり日本の法律上問題がないということを証明する「婚姻要件具備証明書」を取得することになります。この書類に日本外務省で認証を受け、在日中国大使館で認証を受けたものを中国に持参します。この在日中国大使館での認証取得までは当事務所にてサポートを承ります。
ここからは中国内での手続きになりますので当事務所が直接サポートすることはできかねますが、流れと手続きのポイントのみのご案内となります。中国人側で必要となる書類を整えて結婚登記処に届出をします。書類を整えて提出すると、早ければ当日中、遅いと1週間ほどで結婚証が発行されます。その後、公証処にて結婚証明書と国籍証明書を取得します。
上記の手続きを終えたら中国の日本大使館にて、もしくは帰国して日本国内の市区町村役場にて婚姻届を提出することになります。

入国に際してビザが必要な場合(もともと何らかのビザがあり、みなし再入国が適用される場合は不要)、短期滞在ビザで入国するか、日本人男性おひとりで帰国し、在留資格認定証明書交付申請を行うことになります。在留資格認定証明書交付申請にて結婚ビザを申請する場合には、在留資格認定証明書が取得できた後に中国の奥様に証明書を送り、日本大使館にてビザ申請を行って来日という流れになります。

手続きに関しては複雑な面が多々ありますので、間違いなく手続きを行うためにも、一度ご相談にいらっしゃることをお勧めいたします。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。