読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

友人がオーバーステイで摘発されたから怖い

ビザ取得事例 国際結婚 翻訳 オーバーステイ 出頭申告 在留特別許可 フィリピン

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

結婚の成立とオーバーステイの出頭申告と在留特別許可

【ご相談内容】

私はフィリピン人のオーバーステイの男性と結婚を前提に4年前から同棲しています。結婚に必要になる書類で、フィリピン本国でしか入手できないものは親戚に送ってもらったんですけど、役所に婚姻届を出しに行くとオーバーステイが警察に伝わりますよね。それが怖くて手続きができないでいます。でも、最近になって彼の友達がオーバーステイで摘発されたことを知りました。私たち他人事ではないと感じてます。手続きをお願いしたら確実にビザがもらえるんでしょうか?

 

【提案内容】

ビザの手続きは役所に対する許可申請になります。ビザ申請は、「この書類さえ出せば必ず許可がもらえる」というものではないため、「確実にビザがもらえる」とお約束はできかねます。

この相談者様のケースでは、同棲期間が4年以上もあり、また結婚を成立させた後に出頭申告を行う意向であり、なおかつオーバーステイ以外に犯罪行為を行っていないことから、在留特別許可が認められる可能性があるため、当事務所にてサポートを承りました。
当事務所としては、区役所での結婚手続き、大使館への届出、入管への出頭申告、在留特別許可の手続きをサポートしました。

在留特別許可が認められるかどうかについては、法務省入国管理局よりガイドラインが示されております。詳しいことは名古屋市昭和区の外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。