読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

初めての方へ

「在留資格」と「ビザ」の表記について

当サイトにおいては「在留資格」をわかりやすく「ビザ」と表記しております。
「在留資格」と「ビザ」は厳密には全く別物ですが、専門家ではない一般の方々には「在留資格:日本人の配偶者等」というよりも「結婚ビザ」と表現した方がわかりやすいと判断したため、「在留資格:日本人の配偶者等(結婚ビザ)」のように記載しております。ご不明な点は面談の際にお問い合わせください。

ご依頼の種類

在留特別許可取得までの流れ
一般的なビザ申請までの流れ
この2種類に分かれます。

ビザ申請へのご依頼者様の協力

ご本人様によるビザ申請において不許可となる場合は、書類不備による場合が多く見受けられます。
この不備というのは、例えば「日本人の配偶者等(結婚ビザ)」を申請する場合に、入国管理局が要求する書類だけでは結婚生活の実態を説明しきれずに偽装結婚だと疑われ、その結果として申請が不許可になってしまう場合などを指します。
このようなことがないよう、当事務所ではご依頼者様の申請が許可されるべく、入国管理局の担当官がスムーズに決済できるような書類を作成します。
そのためには、当事務所がご依頼者様に提供をお願いした書類や写真、場合によっては家庭訪問等も必要になります。
このように、許可取得のためにはご依頼者様の協力が欠かせません。
ご依頼者様の人生を左右する大切な許可申請であるため、ご依頼者様との連絡を密にして受任案件の処理を行います。

外国語の対応について

他の行政書士事務所では各種の外国語対応スタッフを置いている例もあります。しかし、当事務所では基本的に日本語対応とさせて頂いております。 その理由としては、ご依頼者様の金銭的負担を軽減することが挙げられます。多くの外国語に対応していることはたしかに便利です。しかし、それら多言語に対応できるということは、その分の人件費が「報酬の上乗せ」という形で跳ね返ってくることになります。
そもそも、日本で働いたり、日本人と結婚する場合、最低限の日本語は理解できると考えております。
また、ビザを取得して日本で生活することを目的としてるのならば、最低限の日本語を話せなければ生活自体ができません。
ご依頼者様が日本語を理解できるのであれば、外国語対応スタッフを置く必要がありません。
ビザ申請に関するアフターケアなどサービスの質を低下させず、その上でご依頼者様のご負担をなるべく低くするために、不必要な人件費を抑制しております。

無料相談とアフターフォロー

たくさんのご依頼者様のビザに関するお手伝いをする中で、相談者様はビザ申請のプロからすれば思いもしないような悩みを抱えていらっしゃる場面が多く見受けられます。
たとえば

  • 子供が生まれたのですが、子供の国籍はどうなるのですか?
  • 日本人の旦那様と離婚したのですが、ビザはそのままでいいのですか?
  • 大学に留学しているのですが、アルバイトをしていいのですか?
  • 今働いている会社が変わったのですが、ビザはそのままでいいのですか?

といったものです。
このような疑問をそのままにしておくと大変なことになりかねません。

外国人のビザは名古屋市昭和区の外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。