外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

再婚禁止期間を経て再婚、結婚ビザ更新

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

結婚ビザの更新

【ご相談内容】

私はフィリピン人女性と結婚した日本人男性です。妻は日本人の前夫と離婚し、再婚禁止期間を経過してから私と再婚しました。ただ、前回のビザ更新時と配偶者が変わっているため、結婚ビザの更新がスムーズにできるか不安です。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

離婚してから2週間以内に入管に届出なければならないことになっています。そのため、まず「どうして入管に届出をしなかったのか」について厳しく追及されることになります。また、離婚後の再婚についても「ビザのための偽装結婚」を疑われるケースがあります。そのため、許可のハードルは上がることが否定できません。なお、形式的には結婚ビザの更新ですが、配偶者が変わっているため提出する申請書類は新規のビザ取得と同じものが必要となります。
このケースでは、まず離婚の届出をせずに滞在を続けた理由をお伺いしました。その理由によっては、当事務所ではビザ申請を承って責任を持ってビザを取得できない場合にはお断りすることも考えましたが、その事情が人道上仕方のないものであり、きちんと理由を説明すればビザ更新の許可が得られると判断したため承りました。結果的には、結婚ビザで在留期間1年を取得することができました。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。