外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

再入国許可を取得せずに出国し再入国不許可

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

留学を継続したい

【ご相談内容】

私は名古屋市内の大学に通っている日本人女性です。大学の友達が困っているので相談しました。友達は中国人で、一緒の大学に留学しています。付き合っている中国人の男性との間に子供ができたので中国に一度帰国しました。彼女は1年休学して、出産して落ち着いてから戻ってきたのですが空港で入国拒否されたようです。どうしてですか?また、今後どうすればいいのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

ご相談いただきありがとうございます。今回問題になっているのは再入国許可についてになります。通常、1年以内に再入国をする場合には特別な手続きをすることなく「みなし再入国許可」として再入国が認められます。しかし、今回のご相談者様の場合には1年以上を経て再入国となっているため、出国時に「再入国許可」を取得しなければなりません。
今回のご相談者様については、出国して1年以上を経たことで出国前に持っていた留学ビザが無効になっております。そのため、また改めて新規でビザ申請をすることになります。具体的には、「在留資格認定証明書交付申請」を行い、認定証明書が発行されたら中国に送って在中国日本大使館でビザ申請を行うことになります。それまでは中国で待機しなければなりません。認定証明書の交付申請を急いで行うことが得策かと思います。
ビザ申請についてお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。