外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

偽造パスポートで入国・オーバーステイ・逮捕拘束

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

東京

【ご要望】

オーバーステイの仮放免許可と在留特別許可

【ご相談内容】

私は日本人の男性で、中国人女性の婚約者がいます。彼女は数年前に偽造パスポートで日本に入国しました。私は共通の友人を通じて彼女と1年半前に知り合い、1年の交際期間を経てプロポーズをしました。このまま不法滞在を続けていても二人の将来に明るい光が見えてこないので、彼女の友人に教えてもらった出頭申告の手続きをすることにしました。まずは国際結婚を成立させようと大使館に必要書類を受け取りに行き、その帰りに警察に逮捕されました。最初は在留カードの不携帯で怒られるだけだと思っていたのですが、そのまま逮捕されて、今は入管に収容されています。出頭申告制度を教えてくれた彼女の友人に相談したのですが、これ以上は自分たちで手続きをするのは無理だと言われました。中途半端に手を付けてしまったのですが、今からでも依頼をしたら受けてもらえますか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

国際結婚を成立させた上で出頭申告をする場合、結婚に関する書類を入手する段階での逮捕を避けられるかが一つの山場になります。実際に、ご相談者様の事例のようにここで逮捕されてしまうケースも多々見受けられます。しかし、この事例の場合には幸いにも必要書類の入手が終わっております。大きな流れとしては、日本で結婚を成立させて中国に届出をし、それから仮放免許可申請を行うことになります。もっとも、この手続きも逮捕からおおおそ3週間以内に行わなければなりません。急がないと強制送還に向けた手続きに進んでしまうことになります。こういった手続きは当事務所の経験豊富な行政書士が担当させていただきます。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。