読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

中国人ゲームプログラマーの就職

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

留学ビザから就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)へのビザ変更

【ご相談内容】

私は中国人の留学生です。今は名古屋市内のゲームプログラマーの専門学校に通っています。ゲームクリエイターとして就職の内定をもらえましたので、専門学校卒業後に就職できることになりました。ただ、留学ビザから就労ビザへの切り替えは自分でやるようにと会社から言われました。ビザ変更の手続きをお願いします。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

就労ビザ(在留資格:技術・人文知識・国際業務)を取得する場合、申請するための要件を満たしている必要があります。申請者の要件としては、大学もしくは専門学校を卒業していることが要件となります。また、担当業務の問題としては、事務作業や通訳、エンジニアといった内容で、単純作業や接客ではないことが要件となります。
大学卒業の場合と違い、専門学校卒業の場合には、専門学校で学んだ内容と就労先での業務に密接な関連性が必要になります。このケースでは、ゲームプログラマーの専門学校を卒業し、クリエイターとして就職予定であるため、就労ビザ(在留資格:技術・人文知識・国際業務)の要件を満たすことになります。
申請には就労先の会社から雇用契約書の写しや会社概要など書類の準備にご協力をいただきくことになります。ご依頼者様のご要望により、会社の担当者様と当事務所の担当行政書士が直接必要書類の準備についてやりとりをさせていただくことも承ります。
このケースでは、当事務所にご依頼をいただき、当事務所と内定先の会社様とやりとりをすることで、スムーズにビザ申請にまで至ることができました。結果としては、申請から2週間後にビザ変更の許可書が当事務所に届きました。
なお、このケースのように学校に在学中で卒業していない場合、卒業後に卒業証明書を持参して就労ビザへのビザ変更をすることになります。

外国人のビザは名古屋市昭和区の外国人ビザ名古屋までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。