外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

不法就労で仮放免を取り消された

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

仮放免を取り消されたけど、助けてほしい
※受任できず

【ご相談内容】

私はフィリピン人で友達のフィリピン人がオーバーステイで出頭申告をしました。仮放免をもらってビザがもらえるのを待っていたのですが、その間にお金がなくなって働いていたのがバレて、この前の出頭のときに捕まりました。今は入管にいます。どうにかなりませんか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

出頭申告から特別在留許可が認められるまでの間に働くことは、不法就労になるため認められておりません。そのため、仮放免許可を得て帰宅を許されても、就労していたことが発覚すれば、相談者様のケースのように入管の出頭日に許可が取り消されて再収用されることは当然に考えられます。
残念ながら、こうなってからのご相談につきましては責任をもってビザ取得までサポートをできる保証ができかねるため、申し訳ありませんがご依頼をお受けすることはできません。

在留特別許可が認められるかどうかについては、法務省入国管理局よりガイドラインが示されております。就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。詳しいことは外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。