外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

フィリピン人の彼氏がオーバーステイ

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

結婚できるのか、強制送還されるのか知りたい

【ご相談内容】

私は20代後半の日本人の女性です。2年前にフェスで知り合ったフィリピン人の彼氏がいます。知り合ったのは2年前ですが、ずっと顔見知り程度で、付き合い始めたのは2か月前からです。知り合った当初からオーバーステイということは知っていたのですが、付き合い始めてしまいました。私は30歳までに結婚したいと思っています。ただ、今の彼氏が外国人で、なおかつオーバーステイのため、結婚を考えて良いのかがわかりません。将来的に強制送還をされたり、そもそも結婚できないということであれば、早めに別れて他の人を探そうと思っています。以上を踏まえて、そもそも結婚できるのかと強制送還されてしまうのかを教えてください。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。
まず、オーバーステイの人が本国の法律(今回のケースではフィリピンの法律)で結婚することができる条件を満たしてさえいれば、オーバーステイの人とでも結婚をすることは可能となります。
次に、強制送還されるかどうかですが、今のまま逃げ回っていて警察などに逮捕された場合には入管の施設に収容されて強制送還されることも当然に考えられます。この点、自分で入国管理局に自分で出向いてオーバーステイであることを申告する「出頭申告」を行えば、オーバーステイ以外に犯罪を犯していない場合には収容されることなく在宅事件として扱われることになります。また、結婚している場合には、「日本人の配偶者がいるため今後も日本で生活したい」と申し出ることによって「在留特別許可」を求めることもできます。
このようにハードルは多いものの、結婚も可能で強制送還されることなくビザを取得できる道もあります。もしご結婚を決意された場合には結婚手続きや出頭申告、在留特別許可についてサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。