読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

フィリピン人の子の認知(胎児認知・出生後認知)

ビザ取得事例 結婚ビザ 認知 国籍取得 フィリピン

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

東京

【ご要望】

フィリピン人の内縁の妻との間の子を認知したい

【ご相談内容】

私は日本人の男性です。同居しているフィリピン人の内縁の妻がいます。その彼女との間に子供ができました。しかし、私には別居中の妻がいるため彼女と結婚できません。とはいえ、彼女のことも子供のことも大切なので、きちんと認知をしてこれからも一緒に暮らしていきたいと思っています。ただ、認知といっても、彼女が日本人ではないため、どういった手続きを踏めば良いのかすらわかりません。認知の手続きをお願いできませんでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

このご相談の文面だけでは、既に出生しているのか、出生前の胎児の段階なのかがわからないため、両方の説明をいたします。

フィリピン人の子供を出生後に認知する場合

認知を成立させるためには、日本の法律における審査を行います。(※相手国によっては認知届を提出する際に母親の同意を必要とする場合もありますが、フィリピン法では同意が不要とされているためそのまま提出できます。)
認知をするための以下の必要書類を揃え、日本人男性の本籍地又は現住所の市区町村役場に提出することになります。

  • フィリピン人のパスポート(来日しているとき)
  • フィリピン人の出生証明書原本と日本語訳
  • フィリピン人の保護条件を満たしていることの証明書
  • 認知届(子が未成年の場合は日本人だけの署名で可、子が成年の場合は日本人とフィリピン人の署名が必要となります)
  • 日本人男性の戸籍謄本、住民票、免許証等

日本人男性がフィリピン人の子供を胎児認知する場合の手続

出生後認知届と違い、胎児認知(子供が出生する前の認知)の場合は母親の同意が必要となります。以下の書類を揃え、日本人男性の本籍地又は現住所の市区町村役場に提出することになります。

  • 認知届申請書
  • 母親の出生証明書および日本語訳文
  • 母親の独身証明書および日本語訳文
    ※ 独身証明書が、数年前まで独身であることしか証明していない場合は、フィリピン政府が認めた独身であることの宣誓書が必要となります。
  • 日本人男性の戸籍謄本、住民票、免許証等

フィリピン人の子の認知による日本国籍取得手続き

「出生の時に父又は母が日本国民であるとき」に日本国籍を取得できると国籍法に定められているため、出生前の胎児のうちに認知をした場合には、出生と同時に日本国籍を取得できます。しかし、出生後の認知の場合には、フィリピン人として出生し、認知後に日本国籍取得の手続きを行わない限りは日本国籍を取得できません。そのため日本国籍取得の手続きが必要となります。フィリピン人の子の認知による国籍取得の必要書類は以下になります。

  • 子が出生してから現在までの父親の戸籍謄本・改製原戸籍等
  • 子の出生証明書およびび日本語訳
  • 子の居住証明書および日本語訳
  • 母親の出生証明書および日本語訳
  • 母親の婚姻歴証明書および日本語訳
  • 母親が妊娠した時期の両親の渡航履歴を証明する書面(パスポートなど)
  • 顔写真
  • 申述書(外国語で書かれている場合にはその日本語訳)
    (※申述書に書く申述内容の概要)
    1. 父母が知り合った経緯
    2. 子が出生するまでの交際状況
    3. 子の出生から認知に至る経緯
    4. 認知以後現在までの交際状況(父との同居、扶養の有無を含む)
    5. 婚姻歴等身分関係の状況
    6. 申述日、署名

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。