読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

フィリピンにいる妻の5歳の連れ子を呼びたい

ビザ取得事例 結婚ビザ 在留資格認定証明書交付申請 定住者 フィリピン

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

妻の連れ子の定住者ビザ取得

【ご相談内容】

私は日本人の男性でフィリピン人の妻がいます。妻には、フィリピンにいるときに未婚で産んだ5歳の男の子がいます。今は妻の両親に送金をして面倒を見てもらっています。しかし、私たち夫婦には子供がいないため、いつかは子供を日本に呼び寄せたいと思っています。ただ、そもそも呼び寄せることができるのか、また、呼び寄せることができるとして、どういったタイミングで呼び寄せるのが良いのかもわかりません。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

奥様は結婚ビザ(日本人の配偶者等)をお持ちで、奥様の未婚の実子を呼び寄せるというパターンについては「定住者」というビザを申請することができます。
次に、いつ呼び寄せるのが最適かという問題になります。年齢が上がっていけば日本の社会に馴染むのもどんどん難しくなってまいります。また、申請の要件が「未成年の未婚の実子」とされているいる理由は「実の親として養育をする必要があるため」ということになります。
お子様の年齢が5歳ということで、言葉を覚えることや環境への適応などを考えた場合や、将来的な日本への永住をご検討の場合には、小学校入学前という今のタイミングが最適かと思います。
申請について本格的にご検討される場合には、お気軽に面談をご予約ください。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。