外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

フィリピンでの国際結婚と結婚ビザ取得

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

結婚の成立と結婚ビザの取得

【ご相談内容】

私は名古屋市内で会社を経営しています。フィリピンに婚約者がいます。フィリピンとの貿易をしている関係で頻繁に渡航しているのですが、2年前に知り合ってから、3か月に一度ぐらいのペースでフィリピンで会ってきました。私も35歳を過ぎて結婚を真剣に考えるようになり、今回のプロポーズに至りました。婚約者として日本に呼び寄せるのも大変そうなので、私がフィリピンに行って結婚をし、結婚が成立した後で正式な妻として日本に呼び寄せたいと思っています。私がフィリピンで結婚手続きをするサポートや妻の結婚ビザの取得などをよろしくおねがいします。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

たしかに日本人がフィリピンに行くよりもフィリピン人が日本に来る方が手続きとしては難しくなります。婚約者として呼び寄せる場合には観光ビザで呼び寄せて、結婚を成立させた後に一度帰国するか、もしくは結婚ビザにビザ変更をすることになります。この点、日本人が観光ビザでフィリピンに赴く場合には、事実上のビザ免除となっております。そのため、相談者様が現地に赴かれて結婚手続きを行う方がスムーズかもしれません。
なお、日本人が海外で結婚する場合には「婚姻要件具備証明書」が必要となります。こちらは、日本の法律上、婚姻適齢に達しており、独身であり、結婚することに法的な問題がないことを証明する書類になります。この取得代行は当事務所にて承っております。
フィリピンでの結婚が無事に成立されましたら、ご主人様だけでまずは帰国していただき、結婚ビザ(在留資格認定証明書)の交付申請を行うことになります。許可書が交付されましたら、許可書をフィリピンに送付し、在フィリピン日本大使館に対してビザ申請を行う結婚ビザが交付されて日本に来日することができます。
手続きに要する時間は、在留資格認定証明書の交付まで申請から最長3か月、在フィリピン日本大使館でのビザ交付までは申請から5営業日とされています。
このケースでも上記のタイムテーブルに沿った形で、ご相談から結婚の成立、来日まで4ヶ月程度で終えることができました。

外国人のビザは名古屋市昭和区の外国人ビザ名古屋までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。