読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

デザイナーの就労ビザ取得

ビザ取得事例 ビザ変更 留学ビザ 就労ビザ 技術・人文知識・国際業務 台湾

【申請者の国籍】

台湾

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

留学ビザを就労ビザに変更したい

【ご相談内容】

私は芸術系の大学でデザインを学んだ台湾人の留学生です。大学卒業と同時に衣料品メーカーのデザイナーとして就職することになりました。留学ビザから就労ビザに変更しなければならないのですが、大学に相談したところ、そういう手続きは内的先の会社に聞くように言われ、会社からは必要な書類は準備するけど、手続き自体は自分でやるように言われました。自分で調べてみたのですが、私の場合はデザインの仕事なので芸術ビザになるのでしょうか?どうすればいいのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

まず、芸術ビザは賞を受賞したことのあるような芸術家が取得するものなので、相談者様の場合には該当しません。
ご相談者様のような芸術系の大学を卒業されて、デザイナーとして就職されると言うの場合は「技術・人文知識・国際業務」という就労ビザを取得することになります。
このビザを取得するためには、まずは大学もしくは短期大学、専門学校を卒業していることが大前提になりますので、その卒業証明書を取得することになります。また、内定先の会社様の規模によって変わってきますが、どういった条件で働くのかがわかる雇用契約書、会社様の決算書の写し、担当する業務を説明する書類などが必要となります。
ご依頼いただく場合には、会社様に当事務所より必要書類のご準備をお願いし、スムーズなビザ申請ができるように手配をいたします。
なお、ご依頼いただく場合には、当事務所の担当行政書士が代わって入管にて手続きを行いますので、ご依頼者様の貴重なお時間をいただく必要はございません。ご相談者様のビザ変更のお手伝いができれば幸いです。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。