外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

オーバーステイ妻の出頭申告

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

出頭申告をしたい

【ご相談内容】

私は日本人の男性で、妻はフィリピン人です。妻は8年前に他人名義のパスポートで入国しました。私とは、行きつけのフィリピンパブで知り合いました。彼女とは会ってすぐに意気投合して付き合うようになりました。付き合って2年後、今から5年前に結婚し、子供にも恵まれました。幸いにも今までオーバーステイであることが周囲にばれるこなく現在に至っています。ただ、やはり子供のことを考えるとオーバーステイで人目を避けなければならないのは大きな悩みです。ネットで調べたら出頭申告という制度があることを知りました。とはいえ、素人だけでこんなことをするのが不安です。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。オーバーステイですと健康保険にも加入できずに大変だろうと思います。今お子様が何歳かはご相談内容からはわかりかねますが、幼稚園や小学校に上がる頃には周囲との人付き合いも徐々に増えていくことと思います。また、スーパーのパートなどで働くこともオーバーステイではできません。
出頭申告をすれば、入管法以外の犯罪行為をしていない場合には在宅事件として扱われることから自宅にて処分を待つことができます。また、結婚しているため今後も日本に住み続けたい旨を申し述べ、結婚ビザを求めることもできます。(在留特別許可といいます。)この点、もし逃げ回って、逮捕されてしまった場合には入管に収容されることになり、最悪の場合には強制送還ということも考えられます。そうならないためにも、相談者様もご存知の出頭申告の手続きをされた方がよろしいかと思います。出頭申告のサポートで、入管への同行や下準備等も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

在留特別許可が認められるかどうかについては、法務省入国管理局よりガイドラインが示されております。就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。詳しいことは外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。