外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

オーバーステイの婚約者が逮捕、仮放免が欲しい

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

オーバーステイの仮放免許可と在留特別許可

【ご相談内容】

私は日本人の男です。一緒に暮らしていたフィリピン人の女性がオーバーステイだったのですが、先日捕まりました。彼女とは結婚しようと約束をしていたのですが、彼女のオーバーステイという状況がどうしようもなくて手続きを進められないで先延ばしにしていたところ、こんなことになってしまいました。
友人に紹介された行政書士事務所に相談に行ったのですが、結婚していない状態で逮捕されてしまったのでは仮放免は取れないと言われてしまいました。どうにかなりませんか。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

たしかに他の事務所さんが説明したように、結婚していない状態では仮放免許可は出にくいです。この点、もともと結婚をするつもりだったとのことなので、結婚を早期に成立させて仮放免申請をするという流れで考える方が現実的かと思います。
具体的には、フィリピン本国でしか入手できない結婚に必要な書類を入手することからスタートになります。入管から早期に仮放免で外に出してもらおうと思えば、まずは結婚を成立させた上で仮放免許可申請を行うことになります。仮放免許可申請は、拘束されてから4週間程度が経過すると強制送還に向けた手続きに移行してしまうため、4週間以内に行わなければなりません。
このケースでは、婚約者様のご家族がフィリピンにいるため、早期に書類を取得、送付してもらうことができたため、結婚までの手続きをスピーディーに行うことができ、仮放免申請は逮捕から20日程度で行うことができました。結果的には、仮放免許可申請から10日後ぐらいに仮放免されました。
オーバーステイの仮放免許可にはノウハウが必要になります。当事務所ではこのような案件を多数扱っているため、ご安心してお任せください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。