読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

オーバーステイが永住者と婚姻前に当局摘発

ビザ取得事例 国際結婚 自分で オーバーステイ 仮放免 在留特別許可 フィリピン

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

仮放免許可と結婚の成立と在留特別許可

【ご相談内容】

私は以前に日本人と結婚していたものの永住権を取得した後に離婚をしたフィリピン人です。オーバーステイのフィリピン人と3年間一緒に暮らしてきました。友人から結婚をして入管に出頭申告ができればビザがもらえると聞いて、結婚の手続きを進めていたら入管の職員に逮捕されました。
友人は逮捕されることな出頭申告ができたので、逮捕された場合の流れがわからないと言われました。今後どうすればいいのでしょうか。助けてください。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

出頭申告の前段階として結婚を成立させることが出頭申告後の在留特別許可が認められるためには必要不可欠となります。そのため、結婚の手続きを進められていたのは、逮捕された今となっては不幸中の幸いでした。
逮捕からおおよそ4週間以内に仮放免許可申請を行う必要があります。もし4週間を過ぎてしまうと、強制送還に向けた次の手続きに進んでしまうことになります。そのため、手続きをスピーディーに行わなければなりません。
通常、結婚手続きは新郎新婦2人で婚姻届を役所に提出することになります。しかし、婚約者が入管に拘束されているため2人で提出することができません。
このケースでは、おひとりでの結婚手続きについて当事務所のサポートにより無事に成立させることができました。その後、入管に結婚の成立と仮放免許可申請、在留特別許可申請を行い、仮放免許可申請から2週間後に無事に仮放免が認められました。

在留特別許可が認められるかどうかについては、法務省入国管理局よりガイドラインが示されております。詳しいことは名古屋市昭和区の外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。