外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

家族訪問ビザから就労ビザへの変更

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

家族訪問ビザから就労ビザへビザ変更したい

【ご相談内容】

私は中国人で、姉が日本人と結婚したため、親族訪問ビザで日本に来ました。日本人の友人の紹介で軽い気持ちで就職の面接を受けたところ採用されてしまいました。3か月の親族訪問ビザの最中に就労ビザへの変更が認められたら、そのまま帰国しなくて済むので飛行機代が助かります。時間が迫っていますが、お願いします。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

ご相談いただきありがとうございます。短期滞在ビザから就労ビザへのビザ変更は基本的に認められておらず、就労ビザの在留資格認定証明書を持っている場合など限定的に認められるにすぎません。この在留資格認定証明書の交付申請については、申請から1か月から3か月程度を必要とします。そのため、短期滞在ビザの残り日数はわかりませんが、在留資格認定証明書の交付までの日数を考えると一度帰国することは避けられないかと思います。そういった流れになってしまいますが、就労ビザの申請について承りますので、お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

経営者ビザが欲しい台湾人

【申請者の国籍】

台湾

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

経営者ビザが欲しい

【ご相談内容】

私は台湾人です。知り合いの行政書士に就労ビザの申請をお願いしておりましたが、不許可になってしまいました。私は台湾で食品卸売の会社を家族で経営しています。日本でも事業を始めたいと思って、前回のビザ申請のときに日本に子会社を作りました。家族経営の会社だから落ちたのでしょうか?もう株式会社の登記だけはできてしまっているので、これでビザが認められないと無駄な会社になってしまいます。よろしくお願いします。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。今回のご相談は、いわゆる「経営者ビザ(在留資格:経営・管理)」と呼ばれているものの申請の相談になります。経営者ビザを申請するにあたっては事業計画書の作成が必要になります。もっとも、銀行などの金融機関から融資を受けるための事業計画書と入国管理局に提出する事業計画書とは少し趣旨が違ってきます。
ポイントは

  1. 事業資金は十分である
  2. 申請者には経営者としての能力がある
  3. ビジネスとして成功する可能性がある

という3点が重要になります。
この3点について、入国管理局の審査官に理解してもらわなければなりません。前回の不許可になった際の申請では、この点の説明が不十分だったことと思われます。当事務所では説得力のある事業計画書の作成には定評がありますので、お困りの際にはお気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

未婚で出産、ビザがほしい

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

出産後も日本に住みたい

【ご相談内容】

私は30代前半の中国人の女性です。3年前に就労ビザを取得して来日して1年ビザの更新を続けています。私は独身なのですが、職場で既婚者の男性と不倫関係になり、今はその男性の子供を妊娠しています。今は良いのですが、出産後にしばらく仕事ができないことを考えるとビザの問題が不安でなりません。彼には子供の話ができていないです。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。仮に就労ビザの更新が認められなかった場合についてになります。子供は日本人の父親の認知を受けることで日本国籍を取得することができます。出産後は「日本国籍の子供の母」として日本に住むことができる道が考えられます。その場合には「定住者ビザ」を取得することになります。そのため必要不可欠なことは父親からの認知になります。
もっとも、必ずしも定住者ビザが取得できるというものではありません。ビザ取得について適切な書類を作成しなければ日本国籍の子供がいても不許可になることも考えられます。胎児認知の手続きや出産後のビザ相談について、お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

不動産管理会社の経営者ビザ

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

不動産管理会社の経営者ビザが欲しい

【ご相談内容】

弊社は名古屋市内の不動産仲介会社です。日本の投資用不動産(マンションなどの収益不動産)に興味のある中国人のお客様を名古屋市内や都内など各地の不動産物件に内覧にお連れしました。日本で不動産管理会社を設立したいとのことです。もし御社でビザ取得の対応可能でしたらご紹介したいと思っています。

※ こちらの相談は既存の取引先からのご相談でした。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。不動産管理会社を設立して代表取締役に就任するというパターンは最近よく見かける事例で、経営者ビザの取得も可能かと思われます。もっとも、会社の資本金や事業規模、従業員数、事業計画の内容によって事業の継続性が疑われてしまう場合には不許可になることも考えられます。より詳しいお話をお聞かせいただければ、より適切な意見を申し上げられると思います。ご本人様からの直接のご連絡をお待ちしております。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

ベトナム人の彼女を両親に紹介したい

【申請者の国籍】

ベトナム

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

ベトナム人の彼女を呼び寄せたい

【ご相談内容】

私は日本人の男性です。彼女はベトナム人です。彼女は技能実習生として来日していた際に知り合いました。付き合い始めて3か月です。彼女が帰国した後にも遠距離恋愛を続けています。付き合い始めた直後に帰国してしまったため私の両親に彼女を紹介したこがありません。そのため、紹介のために呼び寄せたいと思っています。ただ、現在は結婚しているわけではないので結婚ビザで呼び寄せることができません。短期滞在ビザの申請をお願いできませんでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

短期滞在ビザについては日本の入国管理局への申請ではなく、在外公館(今回の場合には在ベトナム日本大使館)への申請になります。短期滞在ビザの場合には、身元保証人(今回の場合には交際相手である相談者様)の身元保証書や在職証明書、預金の残高証明書、滞在期間中の行動計画、どうして呼び寄せたいのかという招聘理由書などを提出しなければなりません。当事務所にて承れるのは書類の作成のみで、日本で作成したものをベトナムに送ってご本人様が申請していただくことになります。また、日本大使館での面接を経て、約1週間程度で短期滞在ビザとして最長90日間のビザが交付されることになります。書類の作成についていつでもご相談を承りますので、お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

強制送還された彼氏と結婚したい

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

強制送還された彼女と結婚して結婚ビザを取得したい

【ご相談内容】

私は30代のサラリーマンの日本人男性です。彼女はフィリピン人です。彼女は2年前にオーバーステイを摘発されて強制送還されました。付き合い始めたのは彼女が強制送還される半年ぐらい前からで、彼女と連絡が通じないうちに強制送還されていたような状況です。彼女とは強制送還後も遠距離恋愛でLINEなどで連絡を取り続け、今はお互いに結婚したいと話をしています。結婚して日本で一緒に暮らしたいと話をしていますが、可能でしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。まず、オーバーステイを摘発されて強制送還されたとなると5年間は再入国できません。そのため、原則的には残り3年間は入国が難しいと思います。この点、特別に上陸を認められることもありますが、たとえば人道上の問題があるなど特段の事情のある場合にしか認められないため、それほど期待はできません。
しかし、結婚自体については、ご相談者様がフィリピンに赴かれて入籍をすることは可能となります。フィリピンの市区町村役場で婚姻届を提出し、日本大使館に報告をすることで夫婦となることができます。
現状でお手伝いできることは、相談者様がフィリピンで結婚手続きを行う際に日本側必要書類の作成になります。もし今後お子様が生まれるなど特段の事情がある場合にはお手伝いができるかもしれません。将来的なことも含めて今後の最良の流れをご提案できると思いますので、お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

フィリピン人の彼氏がオーバーステイ

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

結婚できるのか、強制送還されるのか知りたい

【ご相談内容】

私は20代後半の日本人の女性です。2年前にフェスで知り合ったフィリピン人の彼氏がいます。知り合ったのは2年前ですが、ずっと顔見知り程度で、付き合い始めたのは2か月前からです。知り合った当初からオーバーステイということは知っていたのですが、付き合い始めてしまいました。私は30歳までに結婚したいと思っています。ただ、今の彼氏が外国人で、なおかつオーバーステイのため、結婚を考えて良いのかがわかりません。将来的に強制送還をされたり、そもそも結婚できないということであれば、早めに別れて他の人を探そうと思っています。以上を踏まえて、そもそも結婚できるのかと強制送還されてしまうのかを教えてください。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。
まず、オーバーステイの人が本国の法律(今回のケースではフィリピンの法律)で結婚することができる条件を満たしてさえいれば、オーバーステイの人とでも結婚をすることは可能となります。
次に、強制送還されるかどうかですが、今のまま逃げ回っていて警察などに逮捕された場合には入管の施設に収容されて強制送還されることも当然に考えられます。この点、自分で入国管理局に自分で出向いてオーバーステイであることを申告する「出頭申告」を行えば、オーバーステイ以外に犯罪を犯していない場合には収容されることなく在宅事件として扱われることになります。また、結婚している場合には、「日本人の配偶者がいるため今後も日本で生活したい」と申し出ることによって「在留特別許可」を求めることもできます。
このようにハードルは多いものの、結婚も可能で強制送還されることなくビザを取得できる道もあります。もしご結婚を決意された場合には結婚手続きや出頭申告、在留特別許可についてサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。