外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

国際結婚、夫婦両方の苗字を名乗りたい

【申請者の国籍】

メキシコ

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

外国人との結婚後の苗字、夫婦両方の苗字を名乗りたい

【ご相談内容】

私は日本人の女性で、メキシコ男性との国際結婚を考えています。結婚後の苗字ですが、元テニスプレーヤーのクルム伊達公子さんのように夫婦双方の苗字を名乗りたいと考えています。どうすればいいのでしょうか?私がメキシコに行って結婚することも考えていますが、その際の国際結婚の手続きも含めてサポートしてもらいたいです。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

国際結婚をする場合、特に何も手続きをしなければ夫婦別性となります。つまり、婚姻届を提出しただけでは、ご相談者様の苗字は変わりません。そのため、メキシコ人男性の苗字に変更するためには、以下の手続きが必要になります。

【手続きの時期と手続き場所】

☆結婚から6か月以内の場合

  • 国内で結婚する場合:日本国内の市区町村役場に氏変更届を提出します。
  • 海外で結婚する場合:メキシコで結婚をする場合には日本領事館など在外公館に提出します。

☆婚姻から6カ月を過ぎた場合

  • 国内在住の場合:住居地の家庭裁判所へ氏変更の申し立てをします。
  • 海外在住の場合:東京家庭裁判所に申し立てをします。
【苗字を変更する場合の4パターン】

仮に日本人女性を田中花子、メキシコ人男性の名前をエンリケ・ペーニャ・ニエトとして説明します。

  • 外国人配偶者の姓名:エンリケ・ペーニャ・ニエト
  • 日本人配偶者の姓名:田中花子

 

  1. 日本姓から外国姓・・・・・・・・田中⇒ニエト
      (変更後の姓名:ニエト花子)
  2. 日本姓から外国性+ミドルネーム・田中⇒ペーニャニエト
      (変更後の姓名:ペーニャニエト花子)
  3. 日本姓から日本姓+外国姓・・・・田中⇒ニエト田中
      (変更後の姓名:ニエト田中花子)
  4. 姓と名を同時に変更・・・・・田中⇒ニエト、名:田中花子
      (変更後の姓名:ニエト田中花子)

※3や4のような夫婦双方の苗字をそのまま使う「複合姓」を希望する場合は、婚姻6カ月以内でも家庭裁判所に申し立てなければなりません。なお、複合姓への変更は家庭裁判所に許可された場合にのみ可能となります。そのため、希望しても必ず認められるものではありません。

日本人が海外で結婚をする場合、日本で結婚をするのに法的な問題がない(男性なら18歳以上、女性なら16歳以上、未婚であること)を証明した書類を結婚手続きを行う国、今回のご相談者様の場合にはメキシコに持っていくことになります。メキシコの市区町村役場ですぐに使用して結婚手続きができる書類の作成も承っております。お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

新卒ベトナム人を雇いたい会社

【申請者の国籍】

ベトナム

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

ベトナム人を雇いたい

【ご相談内容】

弊社ではこの春に卒業したばかりのベトナム人の留学生を新規で雇おうと考えています。友人の会社が技能実習ビザでベトナム人を雇っていると聞いたのですが、それで雇うにはどうすればいいのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

そもそも技能実習ビザは「技術移転を目的とした研修」で呼び寄せるもので、最長で3年間しか日本にいられません。また、海外にいる人を呼び寄せて研修を行うというものであるため、現在日本国内にいる人には技能実習ビザは与えられません。それに加えて、技能実習ビザで呼び寄せることができるのは、事業協同組合等に加入している会社が組合を通じて行うか、技能実習生が本国で所属する会社と取引関係又は資本関係にある日本の会社が、直接実習生を受入れて行うという場合になります。
ご相談者様の会社の場合、外国人にどういった業務を担当させる予定なのかがわかりかねますが、既に日本国内にいらっしゃるベトナム人を雇う場合には技能実習ビザの対象ではありませんので、通常の就労ビザ(技術・人文知識・国際業務など)を取得することになります。「どのビザに該当するのか」ということも含めた外国人雇用に関するコンサルティングも承っておりますので、お気軽にご用命ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

胎児の父がオーバーステイ・ビザ心配

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

胎児の父がオーバーステイ、生まれてくる子供のビザは大丈夫か

【ご相談内容】

私たちはフィリピン人同士のカップルです。私は永住権を持っていますが、彼はオーバーステイでビザがないです。オーバーステイだから役所に行くのが怖くて、結婚の手続きはしていません。でも、来月に子供が生まれる予定です。彼のことも心配ですが、子供のビザが何よりも心配です。子供のビザはきちんともらえるのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

今回の場合、結婚しているわけではないので内縁関係の間に生まれる子供ということになります。内縁関係の間に生まれる子供の場合であっても、外国人母と子供の母子関係が立証できれば、きちんと手続きを行うことで子供のビザの取得は可能になります。また、父親がオーバーステイであっても、合法的に滞在している母との関係が認められれば、子供のビザ取得に影響はありません。
なお、子供が生まれてから30日以内に手続きをしないとオーバーステイ扱いとなってしまいますので、気を付けてください。ご相談者様の場合、子供の父親がオーバーステイという問題もありますので、もちろん子供のビザ手続きも承っていますが、オーバーステイ状態を解消してビザをもらうことが何よりも重要になります。ビザをもらうための「出頭申告」という手続きもあります。そちらのサポートもしておりますので、ご検討ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

外国人が日本で会社設立

【申請者の国籍】

アメリカ

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

日本で会社を作るためのビザ

【ご相談内容】

当社はレンタルオフィス事業をしています。外国人のお客様からの対応も行っているのですが、アメリカ人のお客様から日本で会社を作りたいという相談がありました。当社では秘書業務などは行っていますが、会社の設立やビザの手配などは行っておりません。ご紹介できればと思っていますが、どうすればよろしいのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

?

【提案内容】

ご相談ありがとうございます。外国人の方が日本で会社を作る場合、会社を経営するための「経営・管理」というビザを申請することができます。こちらのビザ、5年、3年、1年、4カ月、3カ月の5種類になります。この中で会社をこれから設立する場合には4ヶ月程度のビザが認められることが多くなっております。この4ヶ月ビザを取得すれば、日本国内に住民票を置くことができます。そのため、会社設立の準備活動を行うことができます。
御社のお客様には、当事務所が経営管理ビザの取得手続き、来日後の会社設立手続きのサポートを承っております旨をお伝えください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

日本で生まれた赤ちゃんのビザ

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

生まれてくる子供のビザが欲しい

【ご相談内容】

私たちはフィリピン人の夫婦です。夫である私は日本に来て15年で永住ビザを持っています。妻は永住者の配偶者ビザを持っています。私たち夫婦の間に来月に子供が生まれる予定です。日本で生まれた子供はビザ取得手続きが必要と聞きました。いつまでに何をすればいいのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、一部の内容を変えて紹介しております。

 

【提案内容】

ご相談者様のおっしゃるように、日本で外国人同士の両親の間に子供が生まれた場合、その子供は日本国籍がないためビザ(在留資格)を取得する手続きが必要になります。この手続きは生まれてから30日以内に行わなければなりません。もし30日を過ぎてしまうとオーバーステイ扱いとなってしまいます。出産予定日がわかっているようでしたら予めご準備された方が無難かと思います。
なお、今回のご相談者様の場合とは直接関係はありませんが、一時的な旅行などで日本にいる最中に偶然生まれた場合などで、生まれてから60日以内に日本から出国するつもりの場合には、この手続きは必要ありません。
新たに生まれた子供については新規でパスポートの取得手続きも必要になってきます。ビザ手続きと併せて承れますので、お気軽にご相談ください。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

16歳のフィリピン人妻の連れ子を呼びたい

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

定住者ビザが欲しい

【ご相談内容】

私は50代の日本人で、妻は30代後半のフィリピン人です。妻は私と結婚する前にフィリピンで別の男性と結婚し息子がおりました。今までに何回も観光ビザで呼び寄せてはいましたが、フィリピンで高校を卒業したため、日本に呼び寄せたいと思っています。私たち夫婦には子供がいないため、将来的には養子縁組をしようと思っています。ビザだけでなく、養子縁組も含めて手続きもお願いします。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。また、守秘義務の問題から、内容を変えて記載しております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。今回のご相談のように「未成年の未婚の実子を呼び寄せる」という場合には「定住者ビザ」を申請することができます。しかし、未成年の未婚の実子というのは、通常は幼い子供を想定しているもので、ビザ16歳となりますと5歳や10歳など親元での養育が不可欠な年齢とは言えないことから許可のハードルは上がります。また、既にフィリピンで高校を卒業されているのことですが、どのように生活されていたのでしょうか?今まで問題なくフィリピンで生活できていたとなると、「どうして日本に呼び寄せたいのか」と「日本に呼び寄せて何をしたいのか」という部分が重要になります。

なお、このご相談の案件は、当事務所で承って定住者ビザ1年を取得することができました。また、来日後に養子縁組のサポートを行い、無事に養子縁組も成立することができました。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

就労ビザから永住ビザにビザ変更したい中国人

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

永住権がほしい

【ご相談内容】

私は日本で働き始めて10年になる中国人です。もともとは留学生として来日したので、住み始めてからは16年になります。自分で永住申請をしたのですが、今まで2回も不許可になっています。今回の申請でダメだったら諦めなければならないと思っているので、専門家に頼みたいと思っています。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

永住申請には就労資格を得てから継続して10年以上の在留という条件があります。この点、相談者様の場合には来日して16年、そのうち10年が就労ビザとのことなので、日本に住んでいる期間としての申請の要件は満たしていることと思います。
ただ、以前にご自身で申請された際にどうして不許可になったのかを確認させていただくために、以前の申請書類が残っていれば申請書類を拝見するか、もしくは申請内容を詳しくお聞かせいただくことになります。不許可理由がわからないことには、同じ理由で不許可になりかねないためです。

なお、この相談者様からはご依頼を承り、申請から8か月後に無事に永住許可を取得できました。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。