読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人ビザ名古屋

名古屋で国際結婚、結婚ビザ、就労ビザなど外国人サポートを専門に扱っている行政書士事務所です。他の事務所で断られた難しい案件、一度不許可になった案件などでも諦めず、まずはご相談ください。

当事務所の考え方

事務所概要

行政書士とは?

「一言で簡単に言って行政書士は何をする人なの?」と思われる方もおられるかと思います。弁護士さんなら裁判をやってもらう法律トラブル全般、税理士さんなら税金の申告など、社会保険労務士さんなら社会保険と労務管理などです。そういう意味では、名乗っている私ですら簡潔には説明できません。
それは行政書士の扱える分野が多岐にわたるからです。そのため、私たちはそれぞれに専門分野を持っています。

在留資格申請(ビザ申請)とは?

当事務所は2010年に開業して以来、外国人の就労ビザや結婚ビザの取得、国際結婚のサポートなど外国人業務を専門としてまいりました。
外国人の在留資格申請(いわゆるビザ申請)は「必要書類さえ出せば必ず許可が出る」というものではありません。審査官に幅広い裁量が与えられております。
丁寧に書類を作成してきちんと申請を行えば許可されるはずの内容であっても、書類の書き方ひとつで審査官に不必要な疑念を与えてしまい、その結果として不許可になることもあります。また、その逆もあります。ご依頼者様の状況によっては複雑な事情が重なって一見すると不正な申請に見えるものがあるのも事実です。しかし、きちんと事情をお伺いし、複雑な事情を立証する書類を一つ一つ積み重ねていけば許可を得られるものでもあります。
つまり、許可の取得できるかどうかは「行政書士の腕の見せ所」と言っても過言ではありません。

当事務所の強み

当事務所では今までご依頼いただいた案件が不許可になったことは一度もありません。それは、ご相談の段階で許可の取得できる見込みのない場合には無責任にお請けしないからです。お請けするからには責任が伴います。
外国人問題でお悩みの場合にはお気軽にご相談ください

外国人のビザは名古屋市昭和区の外国人ビザ名古屋までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

自由に往来できるビザが欲しい

ビザ取得事例 短期滞在 自分で 再申請 フィリピン

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

定住者ビザが欲しい
※受任できず

【ご相談内容】

私は日本人でフィリピン人の妻がいます。妻には死別した元夫との間に14歳の女の子がいます。今はフィリピンに住んでいます。今まで何回か日本に呼び寄せていますが、 いつも短期滞在で観光をして帰らなければなりません。高校を卒業したら日本に来たいと言っています。今は学校があるため日本には住めませんが、高校を卒業するまでは日 本とフィリピンを気軽に往来できるようなビザが欲しいです。自分で定住者ビザを申請しましたが、不許可になりました。再申請をお願いします。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

イメージとしては、永住ビザでしたら「気軽に往来できるようなビザ」に該当することと思います。しかし、永住ビザというのは日本においては長年日本に住み続けた結果 として与えられるもので、最初の来日時から申請できることは制度上ありません。
次に「定住すること」という観点から考えます。一般論として、定住者ビザというのは「日本に定住すること」を目的としたビザ(在留資格)になります。この点、「今は学 校があるため日本には住めません」とのことなので「日本に定住すること」を目的としないことになります。そのため、現状においては、そもそも定住者ビザの申請の要件を 満たすかどうか以前の問題として、「定住しないならば中長期滞在用のビザは不要」という判断になります。
残念ながら現状においては再申請をしても条件が変わらないことから結果は同じになろうかと思います。それでしたら、高校卒業後に中長期滞在できるビザ申請をどのように 行うかについてご相談を承りたいと思います。お気軽にご相談ください。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォーム からのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

出席率が足りません

ビザ取得事例 留学ビザ 自分で ビザ更新 中国

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

留学ビザを更新したい

【ご相談内容】

留学生です。出席率が足りません。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、日本語学校に通われている留学生で、出席率が足りないという事実しかお教えいただけない状態ですと、あまりにも状況がつかめないため適切なサ ポートができかねます。

  • お名前(メールでのご相談でしたら苗字のみでも構いません)
  • ご年齢
  • 国籍
  • 通っている学校の種類(大学・専門学校など)
  • どうして出席率が足りなくなったのか

をお聞かせいただいた上で、一度ご相談にいらしてください。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォーム からのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

企業内転勤ビザで呼び寄せたい

ビザ取得事例 就労ビザ 企業内転勤 技術・人文知識・国際業務 中国

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

中国の子会社から社員を呼び寄せたい

【ご相談内容】

当社は名古屋市内に本社があるコンピューターのプログラムを作っている会社です。最近では中国で事業展開をしているため中国にも現地法人を立てているのですが、その 中の従業員の一人がとても優秀なので日本に呼び寄せたいと思っています。どのようにすればいいのでしょうか?あと、日本で働く就労ビザの申請のためには日本語ができな ければいけないといったことがあるのでしょうか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

お問い合わせいただきありがとうございます。日本で働くにあたり、日本語ができることを証する検定試験等の結果を添付しなければならないといった要件はございません 。そのため、まったく日本語がわからなくてもビザ申請に支障はありません。
次に、就労ビザ申請の種類になります。コンピューターのプログラマーとして採用される場合には「技術・人文知識・国際業務」という種類の就労ビザを申請することになり ます。こちらのビザを申請するにあたっては、大学や専門学校を卒業していること、もしくはプログラマーとしての実務経験が10年以上あることが要件となります。
もしくは、子会社等の資本関係のある会社から呼び寄せる場合には「企業内転勤」という種類のビザを申請することも検討できます。
いずれにビザが最適かは詳しくお話をお伺いしてからのご提案になりますので、まずは一度ご相談にいらしてください。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォーム からのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

ビザ取得事例 就労ビザ 企業内転勤 中国

年老いた義母を中国から呼び寄せるビザが欲しい

ビザ取得事例 短期滞在 特定活動 中国

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

年老いた義母を日本に呼び寄せて一緒に暮らすビザがほしい

【ご相談内容】

私は日本人で中国人の妻がいます。。妻の母が年老いたため日本に呼び寄せて一緒に暮らしたいと思っています。そういうビザはありませんか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

あくまでも一般論になりますが、年老いた親御さんを呼び寄せるという目的の在留資格は基本的にはありません。しかし、特別な事情がある場合には認められることもあり ます。
たとえば、年老いて自分の身の回りのことを自分でできなくなり、なおかつ日本にいる子以外に他に面倒を見てくれる人がいないといった場合です。そういった場合には、人 道的な配慮から「特定活動」という種類のビザを取得できることもあります。 いただいたご相談の文面の「年老いたため日本に呼び寄せたい」だけでは、義母様の置かれている状況がわかりかねます。詳細なお話をお伺いせずに「できます」とも「でき ません」とも申し上げられませんので、まずは一度ご相談にいらしてください。

永住ビザ、就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォーム からのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。

フィリピン人・オーバーステイ・出頭申告

ビザ取得事例 国際結婚 結婚ビザ オーバーステイ 出頭申告 在留特別許可 永住 フィリピン

【申請者の国籍】

フィリピン

【相談者の居住地】

東京

【ご要望】

オーバーステイをなんとかしない

【ご相談内容】

私はフィリピン人の女性で永住権を持っています。いま内縁関係のフィリピン人の男性がいます。彼は6年前からオーバーステイです。私が働いているので私の給料で生活 できていますが、私がそろそろ50歳近くになるので、いつまでこんな風にビクビクしながら生活を続けるかと思うと、将来のことを考えると不安になります。フィリピン人の 友達に聞いたらここを紹介されたので電話しました。どうすればいいですか?

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

以前に当事務所がサポートをしたオーバーステイのフィリピンの方の紹介でした。
まずは一般論ですが、オーバーステイの場合、自分で入管にオーバーステイである旨を申告する「出頭申告」をすることができます。これにより、基本的には入管に捕まるこ となく自宅にて処分が出るのを待つことができます。処分を待っている最中は、決められた日に入管に出頭することや働いてはいけないなどの決められたいくつかのルールが あり、それを守らなければなりません。また、もし日本に住み続けたい場合には「在留特別許可」を求めることができます。これは今はビザを持っていないものの、特別にビ ザをもらえるようにお願いを求めるものです。日本人や永住権を持っている外国人と結婚している場合には認められやすい傾向にあります。
このケースでは、結婚をしていない内縁状態のため、まずは結婚を成立させるところからのスタートとなりました。結婚を成立させ、当事務所の担当行政書士と一緒に入管に 出頭申告を行いました。まだ現在進行形であるため、その後はわかりませんが、今までの傾向としては在留資格「永住者の配偶者等」を取得することができる見通しです。

在留特別許可が認められるかどうかについては、法務省入国管理局よりガイドライ ンが示されております。就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。詳しいことは 外国人ビザ名古屋(フォームからのお問い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください 。

結婚ビザが欲しい

ビザ取得事例 国際結婚 結婚ビザ 在留資格認定証明書交付申請 永住 中国

【申請者の国籍】

中国

【相談者の居住地】

名古屋

【ご要望】

結婚ビザが欲しい

【ご相談内容】

私は中国人の男性で永住ビザを持っています。中国にいる妻を呼び寄せたいと思っています。私は中国の高校を卒業して日本の大学に入りました。それから日本の会社に就 職して、先日やっと永住権を取りました。妻とは結婚3年目ですが、私が永住権を取ってから呼び寄せるという話をしていました。妻は日本に来てからも働きたいと言っていま すが、大丈夫でしょうか。ビザよろしくおねがいします。

※ 電話などの回答もあるため当事務所にて文章の構成をしております。

 

【提案内容】

永住権を持っている外国人の奥様の場合、「永住者の配偶者等」というビザ(在留資格)を申請することができます。ご結婚されて3年とのことなので一般論としては許可 が出る見込みだと思われます。また、来日後に働く希望とのことですが、問題なく就労可能です。
この相談者様の場合、申請にあたってご夫婦が出会ってから結婚に至った経緯や結婚3年目にして同居期間が少なかった理由についてもお聞かせいただき申請を行いました。奥 様が中国にいらっしゃるとのことなので、在留資格認定証明書交付申請を行ったところ、申請から2か月後に許可を得ることができました。

就労ビザや結婚ビザ、オーバーステイサポートなどを全国対応しております。外国人ビザ名古屋(フォームからのお問 い合わせ)までお気軽にご相談ください。少々難しい案件、他の事務所で断られた案件でも諦めず、まずはお問い合わせください。